Skip to content

脱毛契約と持病とアトピー

持病がある人だったら、エステサロンでの脱毛を検討するにあたっても、注意が必要となります。

ある程度の体調不良は誰にでもあることですが、その人も持つ病気によってはエステ側でも契約をお断りすることがあります。お金を出せば脱毛処理ができると思ったら大間違いであり、エステにはお医者さんもいませんので、病気に対しての対応をすることができません。ですから、最初からお薬を服用するような病気がある人だと、エステ側も責任が負えないために、医療レーザー脱毛での施術をお断りをすることがあるのです。よくある病気でエステサロン側が渋るのは、病気の中でもアレルギーがひどいケースです。

高熱を加える照射を行いますので、その反応は予想外の展開でトラブルを起す可能性があるためです。持病での飲み薬は服用をしてはいないものの、肌に塗るタイプの医薬品を利用している場合も、その医薬品によっては施術ができないこともあるので、相談をすることになります。

なにかの病気を抱えていて通院をしている人だったら、病院のお医者さんにエステでの施術が可能化を相談しましょう。医師の診断書をもらうことで、施術が可能という証明になって、サロンでのカウンセリングで契約可能になることもあります。持病を持っていることを理由に、エステサロンでも絶対に脱毛の契約をさせないわけではないです。まずは病院で相談をして、サロンでも診断書が必要かを確認して、その上で必要なら発行をしてもらいましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *