Skip to content

レーザー脱毛では毛周期を考慮

レーザー脱毛は顧客にとって、たいへん便利な方法です。

従来の電気針脱毛に比べると施術時間も短時間で済み、費用も比較的かからず、痛みも少なくて済みます。ただレーザー脱毛の場合は、毛周期が影響してきますので、それをよく考慮し、それに合わせる必要があります。毛周期には、成長期、退行期、休止期の3つがあり、数か月単位でそれらを繰り返しています。毛が体表に出ているのは、成長期と退行期で、レーザーを当てて効果があるのはそのうちの成長期だけです。

レーザー脱毛では、黒い色に反応する光を用いて毛に発熱させ、その熱を通じて毛根を破壊します。体表に出ている毛が毛根としっかりつながっているのは成長期のときだけで、退行期になると毛根から離れてしまいます。退行期の毛は発熱はしますが、毛根まで熱が届かないため、発熱は無駄となってしまいます。その毛根はなんのダメージも受けないままなので、再び毛は生えてきます。

その成長期をうまくとらえてレーザーを再び照射する必要があります。毛は何割かずつ生え代わってはいますが、一斉にというわけではなく、てんでんばらばらで、日によってというよりも時間単位、分単位でそれぞれ差があるため、体毛すべての成長期にレーザーをうまく当て、毛根を破壊できるまでには、何回もレーザーを当てる必要があります。2か月おきに数回、施術するのはそのためです。毛周期は人によっても、部位によっても違います。そこもよく考慮しながら、施術することになります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です