エステサロンは光の照射で脱毛を行うため、皮膚へのガンなどのリスクが、気になる人もいるかもしれません。

でも光脱毛の光自体は紫外線とは異なり、赤外線に近い光であるために、ガンを発症する確率が高くなることはありません。皮膚ガンを発症させるのは、紫外線によるマイナスの影響力によるものです。エステサロンでのフラッシュなどのマシンの光は、赤外線の波長よりですので、ガンの発症となる紫外線とは、そもそも光の種類が異なります。そのためエステサロンで、肌にフラッシュの光の施術を受けたとしても、皮膚がんになる恐れはありません。

エステサロンでの光の照射は問題はありませんが、サロン通いとは関係なく、日常的な紫外線対策を怠ることのほうが、皮膚がんのリスクを高くしてしまいます。しかし光での照射は何も考えずに行われているわけではなく、サイズの大きい色の濃いホクロやシミが皮膚にあったら、その場所は避けて照射を行うことになります。

光の照射での刺激で皮膚がんになることは、可能性としてはゼロではないとも言われますが、色の濃い部分に光をあててしまうと、炎症を起こすために避けるものでもあります。お客さんの肌のことを第一に考えてくれるエステサロンでは、濃いシミやホクロ、かさぶたや傷のあるところへは、絶対の脱毛の照射をするようなことはしませんので、あまり心配はいりません。目立つほくろなどは、サロンで保護のためのテープを貼ってくれるなどの対処があります。
新宿で医療脱毛のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *