医療脱毛として一般的な医療レーザー脱毛は、医師でなければ扱えない出力の高い脱毛装置を使用できる特徴があります。

出力の高さは脱毛の効果に繋がるため、エステ脱毛と比べて効果の高い脱毛ができます。出力が高いので皮膚のダメージが大きくなりますが、医療機関では麻酔クリームを使用でき、また、皮膚への影響を抑えるために冷却しながらレーザーを照射するため、照射時の痛みは小さくなっています。コストパフォーマンスが良く、1回の施術時間も短いので利用しやすいですが、色素沈着が酷いと利用できなかったり、色素のない白い毛には効果がないデメリットもあります。

医療脱毛では、昔から行われているニードル脱毛もあります。これは毛穴に針を入れ、電流を流して直接毛母細胞を破壊する原理の脱毛方法です。1回の施術で毛がほぼ確実に再生しなくなり、長期間経過したときの効果も長い歴史によって証明されている、唯一永久脱毛できるとされる脱毛方法です。この脱毛もエステで行っているところがありますが、医療脱毛では絶縁針を使用できるという特徴があります。ニードル脱毛は、電流を流したときに皮膚にも伝わってしまい、強い痛みや肌荒れを起こす要因になりますが、絶縁針は皮膚に接触する部分は絶縁処理されているため、安全性が高くなっています。また、料金はかかりますが、麻酔を使用できるので痛みも軽減できます。1本ずつ処理するため時間がかかり、費用も高いのがデメリットですが、光を使用しないので、医療レーザー脱毛で処理できない部位でも脱毛できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *