現在、クリニックで受けられる医療脱毛は、レーザーを使用した脱毛法が主流となっています。

レーザーでの医療脱毛は、施術時間が短く肌へのダメージが少ない、そして永久脱毛の効果があるとして人気です。しっかり無駄毛を脱毛したいという方に選ばれている、レーザー脱毛ですが、実は日焼けをしていると施術を受けられないケースもある為、注意が必要です。レーザーによる医療脱毛は、レーザーの熱で毛根自体を破壊します。毛根を破壊すると聞くと、肌は大きなダメージを受けるのではと、心配になる方もいるでしょう。レーザーは黒い色にしか、反応しないという特殊な性質を持っており、照射しても通常なら肌を傷める事はありません。

しかし、日焼けをしている肌はメラニン色素を多く含む為、レーザーが毛根に到達する前に、メラニン色素に熱が吸収されてしまいます。すると、皮膚が熱を持ち火傷などのリスクが高まるのです。このように、レーザーがメラニン色素に反応してしまう為、日焼けをしている肌では施術を断られるケースが多いと言われています。レーザーでの脱毛を考えている方は、日焼けをしないよう注意しましょう。また、施術前だけでなく施術後も、日焼けには気を付けなければいけません。レーザーを照射した直後の肌は、刺激を受けやすい状態にあります。そこへ紫外線を浴びてしまうと、いつもよりも色素沈着が出来やすいのです。特に腕や脚、顔など日焼けしてしまう部分は、紫外線対策をしっかり行いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *