再生可能エネルギーという言葉は、今では毎日テレビやネットでも目にするようになりました。これは2000年に国連が提唱したエネルギーのことで、風力・水力・地熱を使って地球に優しい電力を生み出すことを指しています。今は世界規模で高濃度の温室効果ガスが蔓延しており、このままの生活を続けると2050年には地球は人間が住めない世界になると危惧をなされるに至りました。日本でも再生可能エネルギーの普及が進んでおり、特にコンパクト設計な熱交換器とソーラーユニットが一般家庭で人気です。

この2つの機器は導入をしたら定期的にメンテナンスをしなくてはいけず、その時に使用するのがGC-Sという洗浄剤です。これはホームセンターやネット通販で1本2900円前後で販売されており、比較的手に入れやすいものです。GC-Sの使い方について簡単に見ていきましょう。まず熱交換器であれば、内部のタービンにGC-Sを塗布します。

この洗浄剤はスプレーと液体の2種類で構成されていて、スプレーであれば機器のフタを開けたら見えるタービンに吹きかけるだけです。液体であれば要らない雑巾に含ませて、手でタービンを回しながら丁寧に拭いていきましょう。ソーラーユニットの場合は素人が屋根にのぼるのは危険なので、必ず専門会社に頼んで洗浄をしてもらうようにします、もし、地面にパネルを置かれているのであれば自分で一枚ずつGC-Sを使って拭いていっても構いません。