ホームセンターや通販サイトなどでは様々なタイプのアルカリ性洗浄液が市販されていますが、特にGC-Sは優れた洗浄力と安全性を両立していると評判です。アルカリ性の洗浄液はアルカリが油脂の成分である脂肪酸と反応して石鹸を作り、さらに石鹸が他の油汚れを落とす仕組みになっています。強いアルカリ性洗浄液ほど油汚れを落とす力も強くなりますが、人体や環境への影響も大きくなるので注意が必要です。また強いアルカリ性洗浄液をアルミ製品に使用すると、腐食が進んで穴が開いたり壊れることがあります。

GC-Sは強いアルカリ性洗浄液なので油汚れを強力に除去することができますが、人体や環境に優しいというメリットが存在します。さらにGC-Sはアルカリ性洗浄液でありながらアルミを腐食させないので、アルミ製熱交換器の洗浄などにも安心して利用できます。この洗浄液は総合的に考えてコストパフォーマンスが非常に優れており、家庭から工場まで様々な場所で使われています。工業用グリスや固着した食用油を落としたい場合や、排気ガスに含まれる油対策をしたい場合などGC-Sがおすすめです。

水系の洗浄液でありながら工業用グリスも分解・剥離させる設計になっているので、極めて強力なパフォーマンスを発揮してくれます。一般的なアルカリ性洗浄液と異なり劇物や毒物ではなく環境に優しいため、素手で触れても問題はありません。コストパフォーマンスの優れたアルカリ性洗浄液を探しているのであれば、洗浄力と安全性を両立したGC-Sを選ぶとよいでしょう。GC-Sのことならこちら