熱交換器スケールは熱交換器の性能を低下させ、様々な生産設備の稼働効率を低下させると言う問題があります。そのためこれを発生させないように十分に注意をするとともに、定期的にメンテナンスを行いスケールを除去することが重要です。熱交換器スケールの発生を抑える有効な手段として、冷却水の経路にフィルターを設け不純物を除去するようにする方法があります。冷却水は基本的には外気に触れない構造となっているため汚れにくいと考えている人も多いのですが、実際には液体自身の経年変化による劣化や、その流体が流れる管路の内部の汚れの付着等により、これが熱交換器の1部に集中することがスケールの発生の大きな原因となっています。

そのためこれらの汚れが熱交換器に届かないようにするためには管路の内部にフィルターを設置し、これを途中で除去する方法が非常に有効です。しかしフィルターを設置した場合にはこのフィルターを定期的にメンテナンスし、目詰まりなどを防ぐことが必要となります。このメンテナンス効率を高めることが稼働率を高めることにつながるため、実際にはフィルターの交換回数やその他の条件などを十分に考慮して使用することが必要となっています。熱交換器スケールは、熱交換器内部に付着すると様々な問題を引き起こすのが特徴です。

そのため、熱交換器を設計する場合にはスケールの発生と除去方法、及び実際の作業効率との兼ね合いを十分に予測し、必要な条件を満足するように設計することが重要なポイントとなっています。熱交換器スケールのことならこちら