熱交換器スケールは流体を利用した熱交換器において必ずと言って良いほど発生するものであり、これが大きなトラブルを招いてしまうこともあるので注意をしなければなりません。その理由は熱交換器の構造にあり、熱交換器スケールはその効率を低下させてしまう要因となっているためです。熱交換器は基本的には2つの温度の異なる流体を間接的に接触させることで、その熱を除去する仕組みを利用しています。そのため様々な工場内の熱を得た流体が熱交換器の部分で滞留し、その間に異なる流体がその熱を除去する動作を行うため、一時的にする部分で2つの流体が間接的に接触することになるのが特徴です。

熱交換器スケールは主に工場内の様々な部分を巡回してきた、熱を持った流体がその部分に滞留することによって接触部分にスケールを付着させ、熱の伝導効率を著しく低下させてしまうことになります。熱交換器スケールがその部分に付着すると熱の伝導効率が低下するために熱交換が正常に行われず、冷却効率が著しく低下することになります。冷却効率が低下すると十分に熱を除去されないまま冷却のための液体が工場内を循環することになり、様々なトラブルを招いてしまう危険を及ぼします。そのため、熱交換器スケールは定期的にメンテナンスによって除去し、その性能を維持しなければなりません。

熱交換器の動作が工場の生産効率にも大きな影響を及ぼすことを、十分に理解しておくことが大切です。