熱交換器スケールにはそのプラントによって様々な種類があり、性質も異なるため十分に注意をしなければなりません。その性質によって、対処方法や洗浄方法が異なることにも注意が必要です。熱交換器スケールは一般的には工場内で利用される冷却水を冷却するために利用することが多く、そのために様々な動作上の特徴を有しています。特に熱交換が行われる部分ではできるだけ長時間滞留をさせて余分な熱を奪い取る構造とすることが望ましく、短時間では十分にその熱を取りきることができません。

しかしその一方で、長時間同じところに冷却水を滞留させると熱交換器スケールが発生しやすくなってしまうというリスクもあります。そのため、メンテナンスの方法には十分に注意をすることが必要です。最近ではデスケーラーにより効率的に熱交換器内部のスケールを除去することができるようになっていますが、その際には様々な洗浄効果を比較して最適なものを採用することが重要なポイントとなっています。デスケーラーにはその汚れの種類によって性質の異なるいくつかのものがあり、自らが直面している状況に合わせて最適なものを選ぶことが必要となります。

熱交換器スケールは、液体を循環させるタイプの場合には必ず発生するものとなっているのが特徴です。これを除去するためにはデスケーラーの効果とともに、熱交換器スケールを除去するための様々な手法を確認しておき、最適な方法をこの中から選択することが求められます。