熱交換器スケールを除去するためにはデスケーラーが非常に有効であり、これを効果的に利用することによって熱交換の効率を維持することができるため非常に有効なものとなっています。しかし、その利用頻度やメンテナンスのタイミングなどには十分に注意をすることが必要で、これを誤ると作業効率に著しい影響を及ぼすため注意をしなければなりません。熱交換器スケールは熱交換の効率を悪化させる原因となるため、可能であればこまめにメンテナンスを行い除去したいものです。しかし一般的に熱交換器を利用しているプラントの場合にはメンテナンスの際にプラントの動作を停止させなければならず、その間は製造作業を行うことができなくなります。

実際に製品を製造している工場の場合には、メンテナンスを行う日とそうでない人ではその生産量に大きな差が生まれてしまうことが多く、稼働効率が低下してしまうことから問題視されてしまうことも少なくありません。しかしその一方でメンテナンスの回数を減らすと熱交換器スケールのためにプラントの動作が不安定となってしまうことも多く、これでは正常な生産活動を行うことができなくなってしまう場合もあります。そのためデスケーラーを利用する場合にはその稼働効率と熱交換器の性能低下のタイミングを十分に考慮し、最も効果的に利用できるタイミングを見つけることが必要となっています。デスケーラーは簡単に熱交換器スケールを除去することができるものですが、これを使用するためには様々な調査と判断が必要になります。

そのため、十分に注意をすることが重要です。