株式会社日阪製作所で販売されている熱交換器は幅広い目的で活用されています。海水の汚染を防止する目的でもこの会社の製品は使用することが可能です。この会社ではこれまでにも多くの海水に関連した製品を製作してきた実績があるので、海水汚染に関する製品作りのノウハウがあります。日阪製作所で、海水汚染の防止を目的とする熱交換機に使用されているのが、オートストレーナという技術です。

これは海水の中に混じっているものを、ストレーナを使用して除去できる機能です。海中に生えている藻や貝などが水の中に紛れ込んでしまっても、ストレーナがしっかりと除去してくれます。海水の中に混じっているゴミもストレーナで取り除けます。海水の中に含まれている各種の異物を除去することで、プレートが流れていく経路を確保できます。

除去した異物は海水を逆洗することで外部に出すこともできますが、そのためにこの会社の熱交換器で使用されている装置が、バタフライ弁です。フィルタエレメントの内部の流れは、このバタフライ弁を使用することで変更することが可能なので、集めたごみや藻を外部にそのまま捨てることができます。自動的に逆洗ができる機能が搭載されていることも、日阪製作所の熱交換器の特徴で、タイマーであらかじめ設定をしておけば、自動的に逆洗がおこなわれます。流体の圧力の差によって、自動的に逆洗ができる機能もあります。

ストレーナの面積を広くするために、筒形の部品が使用されているのも特徴です。