日阪は日本においてプレート式熱交換器やバルブなどを開発販売している企業です。主に産業系の機器を開発しており、企業からも人気を博しています。具体的に日阪の行っている事業は3種類の分類されます。「熱交換事業」「プロセスエンジニアリング」「バルブ事業」の3つがあり、それぞれ独自の機器の開発しています。

例えば熱交換器事業においては1953年国内では初となるプレート式熱交換器を開発しました。それからは熱交換器のパイオニアとして業界を牽引しています。ただ開発を行っているだけでなくコストダウンや品質管理などを徹底して行っています。またカスタマーサービスセグメントにおいては「まるごとパック」という商品を用意しました。

これはアフターサービス事業の1つで、国内の顧客に安心と安全を提供します。例えば現場での性能測定や無開放洗浄など、多くのメンテナンスオプションによりいつまでも安定したプレート式熱交換器の運営をサポートしています。プロセスエンジニアリングではものづくりのノウハウを活かして、日常生活でよく使われている食品や、医薬品の殺菌を行える機器を開発しました。また染色機械の製造を行い「衣食住」の分野で多くの方をサポートします。

バルブ業において日阪はオーダーメイド式を採用しているので便利です。依頼があれば各現場に対応する独自にバルブを作ってくれます。用途が限定された特殊なものまで開発してくれるので大変便利です。