車を運転する人でもガソリンのことをよく知らない人も多いようですが、ようですが、ガソリンは石油から作り出される燃料でレギュラーとハイオクの2種類が存在します。ハイオクはオクタン価が高く日本の統一規格でもあるJIS規格では96オクタン以上がハイオクとされます。欧州においてはハイオクに近いとされる95オクタンがレギュラー、98相当がプレミアで100オクタンはスーパープラスなど3種類に分かれているようです。このようにガソリンに種類が設けてある理由は、車そのものが贅沢品でありエンジンの性能を引き出して走ることができる燃料と大衆車用の燃料があるためです。

いずれも石油から作り出されるものであり、石油は地球の資源の一つに相当します。地球の資源は底をつく時代が訪れるといわれており、省エネが欠かせません。車を使って仕事をしている人や家族でドライブに出かける人も多いかと思われますが、仮に資源がゼロになれば燃料を確保することができなくなる、これを防止することを省エネと呼んでいるわけです。太陽光発電システムを導入することは限りがあるエネルギーを使わないため省エネ効果を期待できるわけですが、太陽光発電では火力や水力などと違い資源となるエネルギーを使わないし火を燃やさないので空気が汚れることもありません。

車は少しずつエンジンからモーターといった具合に利用するエネルギーにも変化が生じているわけですが、電気自動車を自家発電で充電することは最大の省エネに繋がります。省エネのことならこちら