省エネ=電気の節約、このように考える人も多いかと思われますが、省エネはエネルギーの中で限りがあるものがなくならないように予防することを意味するものです。最近は、太陽光発電システムを家庭で導入する人も多くなっていますが、日中は自家発電で電気を利用できるわけですから電力会社が作り出す電気を使わずに済む、これにより地球に存在する限りがあるエネルギーの利用が抑制されることになるわけですから、多くの家庭が自家発電を開始することで資源の保護にも役立てることができます。太陽光発電は文字通り太陽光がエネルギー源になる設備で、太陽エネルギーを電気エネルギーに変換する装置の総称です。しかも、この太陽光は限りというものがないわけですし、発電するときに燃やすなどがないため空気が汚れないメリットもあるわけです。

電気を節約することは確かに省エネに繋がりますが、電気の節約だけでなく資源を使う点においては様々な節約が存在します。車はガソリンで走る乗り物、このガソリンは石油製品の一種で石油は地球上にある限りがある資源の一つです。近くに出かけるときでも車を使う人は多いかと思われますが、歩いて数分の場所に出かけるときには車を使わずに徒歩で行く、これも節約に繋がります。ゴミの分別をしっかり行うことでリサイクル品質が高くなる、新しい資源を使うことなくモノづくりができる、これも省エネ効果に繋がる部分などからも日々の生活の中で省エネを意識すると良いでしょう。