以前から全国的に省エネ運動が行われるようになり、その背景には地球温暖化の問題と節約志向で生活を送ることが該当しています。一般家庭でも光熱費は家計を圧迫してしまうものですが、企業など会社関連の事業所でも同様の取り組みが行われるようになり、会社の経費を削減することで利益を高めることが可能になります。会社が行える省エネでは、古くから使われている蛍光灯を全て廃止にして、LEDを使った照明器具に交換するだけでも十分に省エネは行えます。切り替えの際にはイニシャルコストが掛かりますが、従来型の蛍光灯よりもLEDの場合は約5分の1程度の消費電力で済ませられるので、早期に費やした経費を回収できます。

雑居ビルや商業ビル内で営業をしている会社の場合は、照明器具のLED化で限界を感じてしまいますが、自社ビルや独立した建物で営業をする会社では、ソーラーパネルの設置と同時に蓄電池の設置で大きく省エネを行うことは可能です。土地面積の広い会社ではソーラーパネルを多数設置することができるので、会社内で消費する電力の殆どをソーラーパネルで賄うことも不可能ではありません。蓄電池もフル活用することで、電気料金を大きく引き下げることができますが、電力自由化により新規に参入をした会社の中には、余剰電力の買取制度をプランに入れている会社もあるので、クリーンエネルギーで発電した電力を有効活用するには最適な省エネ行動に繋がります。買取制度を活用すると短期間でイニシャルコストを回収できるので会社運営もスマートにできます。