温かい流体から、冷たい流体に熱を伝えることができる仕組みを熱交換器と呼びます。熱を伝えることは熱を移動させることでこれを熱交換の原理になる部分、流体は主に空気や水などが対象になるボイラーでお湯を沸かすときやエコキュートでお湯を沸かすときなど熱交換器がその仕組みを作り出しているわけです。エコキュートは空気に含まれる熱をパイプ内に通す水に与えてお湯を沸かすことができる仕組みを持つ装置ですが、水には様々な物質が含まれていて熱交換器スケールの形でパイプ内部に付着してしまいます。熱交換器スケールは1度付着し始めると蓄積されるため、パイプ内部の面積が徐々に狭くなり一度にお湯を沸かせる量が減ってしまう、熱の伝わりが悪くなるので設定温度のお湯を作るためにはより多くの電力が必要になるなどのデメリットが生じます。

この熱交換器スケールは専用の除去剤を使い取り除くことができるといれているのですが、エコキュートなどの熱交換器スケールは洗浄液があれば誰もが取り除くことができるわけではなく、装置そのもの知識と洗浄剤の毒性などの知識を有する専門家が行うことが推奨されているようです。ヒートポンプ部の熱交換器を洗浄することで、炭酸カルシウム析出物堆積による閉塞を防止できる、このような特徴が洗浄剤に存在します。炭酸カルシウムは水道水に含まれるエコキュートに対する熱交換器スケールの一つで、これを取り除くことで新品のときと同じような性能に戻すことが可能です。