再生可能なエネルギーとは、地球環境に悪影響を与えないものを指します。その代表格なのがソーラーパワーであり、太陽から照らされる強い光を使って、電気を生み出せるというわけです。ソーラーパネルはレアメタルという金属を使用して作られるため、1枚あたり約100万円もの費用が掛かります。まだ高価な商品なので、限られた施設にしかありませんが、昨今注目を集めているのが熱交換器スケールです。

熱交換器スケールとは地下深くにある地熱を汲み上げて使用する再生可能エネルギー装置で、タービンを回転させることで電気を生み出せます。この機器は家庭でも導入が進んでおり、電気とガスを取り扱う会社と契約をして利用ができます。熱交換器スケールは観光施設で導入が推奨されているのも特徴です。国内には至る所で天然温泉が湧き出ており、その周辺には必ず温泉地という観光施設が点在しています。

この一帯では通常よりも高温の地熱があるのが特徴で、2018年に政府と環境省では熱交換器スケールを各施設に導入して周辺の電力を賄う計画を打ち立てたほどです。現在は北海道の定山渓温泉、宮城県の秋保温泉など計20か所に熱交換器スケールを設置して発電を実施しています。熱交換器は天候に左右されることがなく、日本の天然資源である地熱を活用できるのが魅力といえるでしょう。今後はソーラーユニットよりも普及をしていく装置であり、家庭でもますます取り入れられていきます。