デスケーラーとはボイラーや熱交換器などの水垢スケールや、カルキを取り除く際に活用する塩酸ベース洗浄液となります。マグネシウムやカルシウム系の水垢スケールやカルキは頑固でこべり付きやすく、目に見える場所でも除去するのにはひと手間かかります。ボイラーや熱交換器のパイプ内部となると、通常は手を出すことは出来ません。そこで利用されるのがデスケーラーであり、強酸の洗浄液なのでこべり付いた汚れを浮き上がらせて取り除くことが可能です。

本来塩酸は劇薬に指定されている薬品であり、原液に直接触れると火傷をしてしまうほど恐ろしい薬剤ですが、デスケーラーは強酸の洗浄液でありながらも手に付着しても安全という特徴を持ちます。このデスケーラーを使用するメリットは2つあり、まず洗浄時間を大幅に削減することができる点と環境への配慮された薬剤であることが挙げられます。従来はブラシと洗浄剤でゴシゴシと汚れを落とす必要があり、力を入れてしっかり磨いても中々汚れが落ちないため定期的なメンテナンスに困った経験のある人は多かったです。しかしデスケーラーなら装置内に液体を流し入れ、汚れが浮かび上がった段階で水を送り込むだけで汚れをそのまま綺麗に洗い流すことができます。

そして洗浄剤に含まれるのは害がない成分なので金属の腐食が最小限で抑えられますし、洗浄後に使用する処理液も不要となり環境に優しくメンテナンスの時間を短縮できる点があります。