プレート式熱交換器といえば、大阪に本社を構えるこの企業がパイオニアとして知られます。1942年の創業という長い歴史を誇り、これまで染色仕上機器を皮切りに、プレート式熱交換器やレトルト調理殺菌装置さらにボールバルブなど、数多くの優れた製品を産業現場に送り出してきた、豊富な実績を持っています。特にプレート式熱交換器については、1953年に国内最初の開発に成功しており、この分野ではリーディングカンパニーと言えます。プレート式タイプならではの特徴といえば、乱流促進構造を取り入れることです。

これは伝熱プレートをヘリンボンパターンのような波形状にして、意図的に流体を乱す仕組み。これによって流体の均一化を促進すると同時に、熱交換の妨げになる膜の生成も抑止するため、結果的に高い熱効率を実現します。もう1つ特徴として見逃せないないのが、通常のタイプと比べて、トラブル発生を低く抑えることが可能なこと。これは可動部や部品の少なさ、そして自己洗浄機能を備えていることで、トラブル抑止の実現につながっています。

特に前述した乱流促進構造が流体を意図的に乱すことで、自己洗浄機能が働き、スケール付着を極力抑制することができます。その結果、スケール付着による熱供給の低下をはじめ、プレートガスケットの経年劣化や配管などの貫通割れ等、深刻なトラブルにつながる異常を未然に防止することが可能になります。さらにメンテナンスサービスも充実。メンテナンスパッケージを取りそろえている他、熱交換器の設計から熟知したエンジニアを担当し、万が一のトラブルにも迅速かつ的確にメンテナンスできる体制があります。

熱交換器のことならこちら