熱交換器を効果的に利用するには、それぞれのタイプの特徴を把握して最適なものを選ぶ必要があります。例えばブレージングプレート式熱交換器は、重ねた伝熱プレート間を高温と低温の流体が交互に流れて熱交換を行います。このタイプはプレートの間を高温と低温の流体が交互に流れる構造になっていて、効率的に熱交換を行うことができます。ブレージング部分には主に銅が使用されており、わずかな温度差も最大限に活用できるというメリットがあります。

医薬品や半導体の工場などではクリーンな仕様が求められており、ステンレスやニッケルがブレージング部分に使用されるケースも見られます。ブレージングプレート式の熱交換器は耐圧性能が高く熱交換の効率が優れています。一般的な熱交換器と比べると小型で、導入と運用にコストがかかりません。ただし分解ができないためメンテナンスを行うのが難しく、流路に詰まりが生じることもあります。

ガスケットプレート式熱交換器も積層した伝熱プレート間に2つの液体を交互に流し熱交換を行います。基本的な構造はブレージングプレート式と同じですが、分解できるためメンテナンスも容易に行なえます。両面を固定プレートで挟んでボルトで抑える構造になっていて、ガスケットやプレートを簡単に交換できます。プレートの枚数を追加すれば熱交換の効率をさらに高めることも可能です。

このタイプはブレージングプレート式よりも大型で、設置場所にメンテナンスのためのスペースが必要になります。効果的に熱交換を行うためには、用途や使用環境などに応じて最適なタイプを選ぶことが大切です。