掃除や洗濯で使われる洗剤のひとつに「アルカリ洗浄液」があります。なんとなく有名な商品だから、と使っている人も多いですが、その特性を知っておくと、効率的に汚れを落とすことができます。アルカリ洗浄液とは、その名の通りアルカリ性の性質を持つ洗浄液のことですが、アルカリ洗浄液の中でも強弱があり大きく2種類に分類されます。液体の性質はpHであらわされますが、pHが8より大きく11以下だと「弱アルカリ性」、11より大きければ「アルカリ性」と区別され、数字が大きくなればなるほど、性質が強まります。

アルカリ洗浄液の最も大きな特性は、反対の性質である酸性の汚れを落とすのが得意な点です。酸性の汚れといえば代表的でなじみ深いのは「油汚れ」です。コンロ回りの焦げ付きや、リビングや洋服などの手垢や皮脂汚れに有効です。油汚れといえば食器用洗剤を想像する方も多いかもしれませんが、実は食器用洗剤は中性の場合が多く、頑固な油汚れを落とすのには向いていません。

油汚れを落とす効果があるなら食器用洗剤全てをアルカリ性にすればよい気もしますが、アルカリ洗浄液は洗浄力が強まる分、肌へかかる負担も大きくなります。頑固な汚れを落とすには最適ですが、普段使いするには向いていません。アルカリ性の洗剤は強力なため、小さい子供がいたり、肌が敏感な人は使いづらい可能性があります。そんな人におすすめなのが自然由来の成分からできた「重曹」です。

肌に触れても安心な優しい素材ですが、水と混ぜるとpH8.2の弱アルカリ性の性質を発揮します。このように、この洗剤と汚れとの相性を理解すれば、掃除を効率的にこなすことができます。