アルカリ洗浄液は油汚れやタンパク質汚れを効果的に除去できますが、アルミ製品を腐食させたり誤って触れると怪我をする可能性があるので注意が必要です。油汚れの主成分である脂肪酸はアルカリと反応して石鹸になり、生成された石鹸は他の汚れを落とすのに役立ちます。垢などのタンパク質はアミノ酸で構成されていますが、アルカリはアミノ酸の結合を弱めるため多少の力を加えるだけで簡単に落とせるようになります。アルカリ洗浄液をアルミ製品に使用すると、化学反応によって水酸化アルミニウムを生成します。

表面に白く粉を吹いたような状態になり、さらに腐食が進むとアルミ製品が壊れたり穴が開いたりすることがあるので注意してください。アルミ製熱交換器などに付着した頑固な油汚れを除去したいのであれば、強力な洗浄力を備えながらアルミニウムを腐食させないタイプの洗浄液を使うとよいでしょう。アルカリ剤には重曹やセスキ炭酸ソーダ、炭酸ソーダなど様々な種類のものがありアルカリ性が強いほど洗浄力も強くなります。ただし強力なアルカリ洗浄液は誤って触れると怪我をする可能性があるので、慎重に扱わなければなりません。

蓄積した頑固な油汚れやタンパク質汚れを除去するには、強力な洗浄液を使う必要があります。市販されている製品の中には洗浄力と安全性を兼ね備えたものも存在します。幼い子供のいる一般家庭で使うのであれば、強力な洗浄力を備えながら素手で触れても問題ないタイプの洗浄液を選ぶのがおすすめです。