油汚れやタンパク質汚れをアルカリ洗浄液で除去したいのであれば、汚れの程度に応じて最適な強さの洗浄液を選ぶことが大切です。水酸化ナトリウムは強アルカリ性の劇薬で、誤って触れると皮膚が溶けるので注意しなければなりません。重曹は弱アルカリ性で料理にも使うことができ、キッチンなどで発生する日常的な汚れであれば効果的に除去できます。アルカリ洗浄液は油やタンパク質による汚れを効果的に除去できるものの、全ての食器用洗剤がアルカリ性というわけではありません。

pHが14に近付くほどアルカリ性が強くなりい洗浄力も高まりますが、手肌への影響も強くなります。手肌に必要な油分まで落としてしまうと肌荒れを起こす可能性があるので、敏感肌の人はゴム手袋などを使い直接触れないようにするとよいでしょう。安全性に気を付けていれば大きな問題はなく、落ちにくい頑固な汚れも綺麗に落とすことができます。油汚れやタンパク質汚れを除去したいと考えていても、アルカリ洗浄液は強力なので小さな子供がいる場合や敏感肌の場合には使用を躊躇してしまうことがあります。

天然由来の成分で作られた重曹ならば、誤って肌に触れても怪我をすることがないので安心です。水に混ぜるとpH8.2の弱アルカリ性の洗浄液になり、キッチンなどで発生する油やタンパク質による汚れを効果的に落とせます。水と混ぜてスプレーにすると油用の洗剤代わりになり、キッチンだけでなく壁や家具などに付着した手垢にも使えるのでおすすめです。